スポンサードリンク

湯の元温泉−湯の元温泉旅館

08_01.jpg
温泉紹介
 訪問したのは2007年3月上旬の金曜で、札幌から国道5号線及び国道12号線経由で約2時間で到着しました。この日は一日、晴れで路面は乾いており大変運転しやすい状態でした。

 湯の元温泉旅館は三笠市にある桂沢湖の近くにある温泉宿です。日帰り入浴および宿泊ができる施設で、料理は合鴨料理が自慢みたいです。昼食に合鴨ラーメンと合鴨の燻製を頂いてきました。
 
 あまり広くない駐車場があり、旅館の規模は客室は22室あり、外装・内装共古く相当築年数は経過しているみたいでした。この日は平日でもあり10時20分頃旅館に着いたのですが、フロントには誰も居なく、図々しくも勝手に休憩室に入り入浴の準備をして、再度フロントに行ったら宿のご主人らしき人がいたので料金を払って正式入館?になりました。のどかな雰囲気でした。

 建物の内部はロビー・無料休憩室(畳敷き)、宿泊客室があり、休憩室はそんなに広くはなく水・お茶のセルフサービスがありました。

 浴場は内風呂が一つあり無色無臭の湯で大人8人位が入れる広さです。洗い場にはシャンプー、ボディーソープが設置してありました。
 露天風呂は狭く、大人3人はきつい感じです。内風呂、露天風呂の湯は共に加温、循環ろ過で塩素殺菌処理をしており、塩素の匂いが鼻を刺激しました。露天風呂からの景観は全然良くなく、外気に触れているだけの露天でした。

 なお、狭いながらもサウナの設備もありました。

 この日は金曜日なので空いていました。休憩室は私の貸切状態で、一日ゆったりのんびりできました。

■お勧め度(5段評価) ★★★

温泉データ
●所在地
三笠市桂沢94番地
●入浴時間
10時00分〜21時00分
●入浴料金
大人500円/小人250円/幼児100円
●交通
公共交通:JR函館線岩見沢駅前から中央バス幾春別行きで終点下車し、タクシーで約1,300円
車:道央道三笠ICから約20分
●泉質
単純硫黄泉 温泉の健康知識
●泉温
15℃
●露天風呂
男1、女1

スポンサードリンク

posted by 湯けむり小僧 | Comment(0) | TrackBack(0) | 空知−湯の元温泉旅館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35137954

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。