スポンサードリンク

石狩温泉−番屋の湯

01_03.jpg
温泉紹介
 訪問したのは2006年10月中旬の日曜で、札幌(自宅)から国道231経由で約30分で到着しました。

 番屋の湯は石狩市弁天町にある日帰り入浴温泉施設で、日本海(石狩浜)に面している場所に建てられています。駐車場は広く、それほど新しい建物ではありませんが、外装、内装共に大変綺麗でした。
 この温泉の隣に宿泊専用の「番屋の宿」もあり、宿泊を楽しみたい人向けです。
 また、周辺には「いしかり砂丘の風資料館」と「石狩地ビール醸造所」があり、温泉プラスαが楽しめれます。
 
 建物の内部1階にロビー・レストラン・売店、ゲームコーナー、無料休憩室、宴会場があり、休憩室は広くゆったりできました。2階は展望ドリンクカウンター、休憩室、研修室があり、この展望ドリンクカウンターから見る夕日は最高です。

 浴場は大浴場・かぶり湯・寝湯・浅湯・真湯・ジャクジー・サウナ等があります。湯は茶褐色で湯から上がると少しベタベタした感じがありました。
 露天風呂はそれなりの広さがあり、大浜海水浴場が目の前のあり、日本海が見渡せます。
 湯は循環ろ過で源泉温度が低めなので、加温しているとのことでした。パンフレットによると、湯は「化石海水」と呼ばれる1千万年前〜数百万年前の海水とのことです。

 この日は日曜日だったので混んでいましたが、海水浴シーズンだと海水浴客で「イモを洗った」状態になるそうです。

 札幌から近郊なので、「ちょっと温泉」て気分で来れるので、また訪問したいと思います。

■お勧め度(5段評価) ★★★
■番屋の湯のリンク記事
365日怪獣と夏休み:アンモニアーな☆石狩温泉番屋の湯☆でぷーくぷく・・・。
北海道温泉 番屋の湯

温泉データ
●所在地
石狩市弁天町51-2 0133-62-5333
●入浴時間
10時00分〜22時00分(偶数月の第4火曜定休)
●入浴料金
大人600円/小人300円<
●交通
公共交通:中央バス札幌ターミナルG番乗場から「石狩行き」に乗車、「石狩温泉前」で下車、徒歩1分
車:JR札幌駅から国道231、道々小樽石狩線経由で約40分
●泉質
ナトリウム−塩化物強塩泉 温泉の健康知識
●泉温
37℃
●露天風呂
男1、女1

スポンサードリンク

posted by 湯けむり小僧 | Comment(2) | TrackBack(2) | 石狩−番屋の湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。私も北海道人ですが温泉が大好きな部類です。私のブログにブックマークさせてもらってもよろしいでしょうか?私はトムラウシ温泉東大雪荘、芽登温泉ホテル、国民宿舎雪秩父の露天風呂が大好きです。
Posted by TALK SHOW    at 2006年12月13日 01:32
TALK SHOW様
はじめまして。
何かの縁ですので、ブックマーク構わないですよ!
今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by 案山子 at 2006年12月14日 20:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

番屋の湯
Excerpt: ((( 温泉紹介 )))石狩市弁天町にある、日帰り・宿泊温泉施設。 浴場は大浴場、かぶり湯、寝湯、浅湯、露天風呂がある。晴れた日の夕刻には、日本海に沈む夕日を見ながら露天風呂に入るのもおすすめ。 【紹..
Weblog: 北海道温泉
Tracked: 2006-11-03 11:12

名湯日帰り温泉シリーズ
Excerpt: トラバありがとうございます。こちらからもトラバさせてもらいますね。新しい発見を求めてご当地ならではの温泉、気楽でゆったたりできる温泉や、日帰りのできる温泉ドライ
Weblog: 日帰り温泉旅行@情報通信
Tracked: 2007-01-06 10:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。