スポンサードリンク

ふるびら温泉−一望館

02_05.jpg
温泉紹介
 訪問したのは2004年12月中旬の土曜で、札幌から余市を経由し約1時間30分で到着しました。雪道なので安全運転で走行したので少し時間は掛かったと思います。

 古平市街から少し外れた高台にある浴場で、高校を改築したとのことで休憩室などは教室の面影があります。

 駐車場はそれなりの広さで、建物の内部は、2階にテレビ付きとテレビ無しの二つの無料休憩室(畳敷き)があり、他に会議室・研修室があります。

 浴湯は内風呂が一つあり、入ったとたん潮の匂いがし、塩分の強さがすぐ分かりました。湯は源泉掛け流しで、塩分が相当強く鉄分を多く含んでおりオレンジ色をしていました。湯船には湯の花がいっぱい浮遊していました。

 休憩室は2階にあるので1階浴場の往復に少し疲れを感じる造りです。食堂等は無いのですが、市街の食堂から出前を取る事が出来るみたいでした。

■お勧め度(5段評価) ★★★
■一望館のリンク記事

温泉データ
●所在地
古平町新地内89-1
●入浴時間
10時00分〜21時00分 第1、3金曜定休日
●入浴料金
大人500円/小人200円
●交通
公共交通:JR小樽駅から中央バス美国行き1時間15分「古平町丸山町」で下車、坂道を徒歩8分
車:小樽から国道5号余市経由、国道229号で41km、約1時間
●泉質
ナトリウム-塩化物泉 温泉の健康知識
●泉温
55℃
●露天風呂
無し
スポンサードリンク

posted by 湯けむり小僧 | Comment(0) | TrackBack(1) | 後志−古平温泉一望館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ふるびら温泉一望館
Excerpt: ((( 温泉紹介 )))古平町の小高い丘にある、日帰り温泉施設。 この温泉は旧古平高等学校の校舎を再利用した温泉施設。 「一望館」の名の通り古平の町並みを一望することができる。 湯は赤茶色をしておりl..
Weblog: 北海道温泉
Tracked: 2006-12-15 14:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。